AMERICAN BULLY

アメリカンブリー
アメリカ原産

AMERICAN BULLY

American Bully

アメリカンブリーです。ピットブルから変化した犬種です。10年前COOLDOGSを作った当時、サイトの中で、ゴツいピットブルがいるということで、少し変化し始めたピットブルの写真を掲載していましたら、それは筋肉増強材を注射した犬ですよね。といって、自然に変化したピットブルだと信じない人達がたくさんいました。中には私を馬鹿にしたような態度の人もいました。

 

それが今ではどうですか。このたった10年で。アメリカンブリーは誰もが知ってる犬種になりました。あのとき信じなかった人達は、私と恥ずかしくて話せないですね(笑)。「自分が間違ってた」といって連絡ください。私はジーザスな人間ですから、悔い改める人をすべて許します。まったくNO問題です。そして、犬たちはピットブルを通り越して、もう本当にピットブルではなくなってしまいました(笑)。

 

しかし、筋肉増強剤などは使わずに、ピットブルを変化させていって新しい犬種にしたんですから。お間違えのないのようにお願いします。

 

ですから未だに、アメリカンブリーとも言えない、スタンダードのピットブルとも全然違うピットブルが山ほどいます。まあ、それはピットブルのページで説明しますが、このピットブルから変化してアメリカンブリーになったという動きの中で生まれた犬たちというのは、細分化されて、たくさんの犬種に分けられています。ピットブルのカテゴリーの犬はピットブルのページでお伝えしますが、アメリカンブリーの中でも、ポケットブリー、エキゾチックブリー、XXLブリー、ショーティブル、と、普通のアメリカンブリーとに分けられています。しかしすぐまた新しい犬種が生まれそうな雰囲気です。それくらい急速に現在進行形で変化しています。そして、正確には、スタッフォードシャーブルテリアと、イングリッシュブルドッグもアメリカンブリーの中に含まれています。

 

私はアメリカンブリーはとても好きです。いつか飼いたいと思ってます。

 

しかしちょっと、目がいっちゃってる犬もけっこういるので、賢い犬がいいですね。あんまり何も考えられずに、ただ攻撃的な犬というのは猛獣みたいで嫌ですね。犬というのは飼い主の言うことをきちんと理解して一緒に行動するというところがとても好きなので、その部分ができない犬は、「ルックスだけは好みなんだけど、どうしても無理」となってしまいます。とても残念ですが、しかたないですね。人間の女性でもそういうことありますよね。今までの人生で何度かあります。誰もがそうだと思います。

 

そしてそれは女性からだってそうだと思います。この男ルックスは好きだけど頭悪すぎて無理だわ。みたいな。ですから、ルックスは最重要課題なんですが、それだけでは難しい部分もあります。

 

アメリカンブリーの場合は犬舎によって犬がけっこう違いますので、目がラリってない犬の犬舎を探したいですね。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by COOLDOGS JOEL COOL