DOG SHOW WORLD

世界のドッグショー
世界の様々なドッグショーをご紹介します。

日本の犬をイギリスチャンピオンにできます!

■日本在住の犬たちをイギリスに送り、イギリスチャンピオンにして日本に送り返します。

■この犬だったらイギリスチャンピオンになれるのに・・という良いクオリティの犬が日本にもたくさんいます。今からでも遅くありません。イギリスチャンピオンにして、日本に送り返します。

COOLDOGSが業務提携しているイギリス在住のイギリス人ジャッジ&ハンドラーに、イギリスチャンピオンにしたい日本在住の犬を送り、イギリスチャンピオンにして日本に送り返します。

そのイギリス人は女性ですから、細部に気を配ることができますし、自らも毎年、世界最大のドッグショーCruftsに複数頭の自分の犬を出場させているトップブリーダーですから、犬の飼育は安心です。

イギリスチャンピオンだけでなく、Cruftsに出場させることもできます。

イギリスチャンピオンになるためには、毎月イギリスで2回~4回行われるドッグショーのグループジャッジで3回選ばれる必要があります。ですから最短で、1ヶ月でイギリスチャンピオンになることができます。

■費用の詳細

日本からイギリスへの輸送費:犬の体重によって大きく異なりますのでお問い合わせください。

COOLDOGS出入国手続き手数料:6万円(往復2回の出国入国手続きです)(羽田を経由する場合追加費用が必要です)

1日の飼育料:7ポンド(1ポンド=170円)

ドッグショーの参加費用:30ポンド

1回のハンドラー料:60ポンド

イギリスチャンピオンになった場合:3000ポンド(イギリスチャンピオンにならなかった場合は、この費用は必要ありません)

イギリスチャンピオンになった場合のCOOLDOGSの手数料:100万円(イギリスチャンピオンにならなかった場合30万円)

■世界最大のドッグショーCrufts出場費用の詳細

日本からイギリスへの輸送費:犬の体重によって大きく異なりますのでお問い合わせください。

COOLDOGS出入国手続き手数料:6万円(羽田を経由する場合追加費用が必要です)

1日の飼育料:12ポンド(1ポンド=170円)(Crufts出場期間は2週間のイギリス滞在です)

Cruftsの参加費用:30ポンド

1回のハンドラー料:60ポンド

BOBに選ばれた場合:100ポンド

BOGに選ばれた場合:500ポンド

BISに選ばれた場合:1000ポンド

COOLDOGSの手数料:60万円

■申込方法

住所・氏名・電話番号を記載して、ハンドリングして走っているところと、Stayして立っているところの正面と側面の犬の動画を電子メールで送ってください。まず初めに、わたくしCOOLDOGSのJoelが、イギリスチャンピオンになれる犬であるかどうかを確認して、高確率でイギリスチャンピオンになれると判断した場合、そのイギリス人ジャッジに動画を送ります。彼女が、高確率でイギリスチャンピオンになれると判断した場合のみ、申し込みの犬をイギリスに送ります。

小型犬、大型犬、国際空港に近いかどうかなど、様々な条件で、費用が大きく変化しますので、輸送の方法や費用につきましてはお問い合わせください。

■イギリスで購入した犬をイギリスチャンピオンにして日本に送ることも可能です。詳細はお問い合わせください。

■短期間、海外に滞在して日本に帰国する場合の日本の犬の検疫について。

2回の狂犬病ワクチン接種と1回の血液検査が必要です。

出発まで約2ヶ月の準備期間が必要です。

詳しくはお問い合わせください。

 

 

GCH.MULTICH.JCH. Romanovs Alabai NAZIR

Alabaiです。

 

これはドッグショーのご紹介ではありませんが、ときどき、私が個人的にとても素晴らしいと感じた犬もここでご紹介します。

 

ずっと黙っていました。

 

あまりにも犬が良くて、自分がAlabaiを買う場合は、絶対、このNazir(ナジール)という犬の子犬を買おうと思っていました。

 

自分の犬を買おうと思っているところは、黙っていて、COOLDOGSでも紹介しないことが多いんですが、1年2年と経っていくと、その犬の良さをみなさんにご覧になっていただきたい、という気持ちが膨らみすぎて、我慢できなくなって紹介してしまうんです。ちょっとアホなんですね(笑)。ヘ(゚ー゚ヘ)ノ゚∇^)ノ ♪

 

本当に、どうしても我慢できなくなるんですよ。あまりにも犬がいいと。

 

多くの人に言いたくて言いたくてたまらなくなるんです。みんな一緒に称賛しようぜ。みたいな。

 

黙っていられないんです。

 

やっぱちょっとアホだ・・・♪ヘ(゚∇゚ヘ)v^ー゚)v

 

このNazirというAlabaiは、世界ナンバーワンだと思います。

 

当然というか、複数の国でチャンピオンになっています。7カ国以上でチャンピオンになっていて、Multi.CHです。

 

しかし、チャンピオンであるかどうかなんて関係ないんですよね。こういう犬は。ただただ素晴らしいです。

 

この犬をYouTubeで発見してすぐ10秒以内に恋に落ちました♥

 

フォーリンラブですよ♥フォーリンラブ♥

 

この犬を見て、本当にこの犬の子供を買おうと思って、真剣に、ずっと悩んでいました。黙ってましたけど。

 

Nazir・・・今でも愛してます♥

 

Westminster dog show 2014 English Mastiffs

今年(2014年)のWestminsterのマスティフです。

 

どの犬種もそうですが、イングリッシュマスティフも、アメリカの犬とイギリスの犬とどちらがいいのか・・という議論があって、好みが分かれるところですが、少しアメリカのほうが人気があります。しかし、イングリッシュマスティフと言うくらいですから、本物はイギリスの犬だぜ。といってイギリスから輸入される方もいらっしゃいます。

 

また、現在ドッグショーで活躍しているような犬ではなく、もっと顔も体もデカデカの全体的に巨大なマスティフがいいという方もいらっしゃいます。みなさんはどういうマスティフがいいと思いますか?

 

マスティフはとても優しくておおらかで、性格の良い愛すべき犬種です。ですから海外でも日本でも女性のブリーダーさんも多くて、女性でも飼える超大型犬です。というか全犬種で最大です。

 

この動画は、今年のウエストミンスターですからね。興味深いです。

 

なぜか、水の中で外の音を聞いてるような音ですが(笑)、しっかりご覧になってください。

 

 

PRESA CANARIO DOG SHOW MADRID 2012

2012年にマドリードで開催されたプレサのドッグショーです。

 

ご存知のとおり、プレサはスペイン原産ですから、スペインの首都マドリードで開催されたドッグショーということで、良い犬が出場してますね。

 

体の形と張り具合がいいですよね。動画をご覧になってください。どの犬もいいですよね。プレサっぽい体つきです。この動画を観ると、やっぱりプレサ飼いたくなりますよね。

 

いかがでしょうか。

 

犬だけでなく、好みには個人差がありますからね。それぞれの方で感じ方が違うかもしれませんが、私はどう考えても、やっぱりプレサ好きですね~☆

 

いや~☆ い~ですね~☆

 

 

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by COOLDOGS JOEL COOL